腹筋は毎日するべき?効果的な腹筋とは?

腹筋は毎日するべき?効果的な腹筋はコレ!

鍛えられて割れたお腹、憧れますよね。男ならシックスパックを作りたいと思いませんか?

 

やっぱりそのためなら腹筋をするのが一番!でも腹筋は毎日やらなければ効果はないのでしょうか?

 

腹筋をやると決めても、続けるのが難しいものです。効果的な腹筋の方法についてまとめてみました。

 

割れたお腹を手に入れたい!効果的に腹筋を鍛えたいと思っている方、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

筋肉の超回復ってなに?

皆さんは「超回復」という言葉を耳にしたことがありますか?
トレーニングを積んでる方なら聞いたことがあるでしょう。
実は筋肉を早くつけたいなら、この「超回復」というサイクルが重要なのです。
そのメカニズムについてご紹介します。

 

筋力トレーニングを行うと、筋肉は負荷がかかり筋繊維が傷つきます。
筋繊維が傷つくと、トレーニングを行うのががきつくなります。
この傷ついた筋繊維は自然治癒力により、修復します。
そして修復されるときには、元の状態より強く大きくなるのです。

 

このことを筋肉の超回復といいます。
筋肉の超回復を繰り返し行っていくと、筋肉のついた美しい身体が作られていきます。

 

トレーニングを行った次の日に、身体が痛くなることがありますよね。
これが筋肉痛です。
筋肉痛がなくならないうちにトレーニングを続けるのではなく、この時しっかりと休ませることが大切です。

 

つまり、筋肉痛があるうちは休ませ修復を待つことが、筋肉を大きくさせるためにはいいことなのです。

 

なんだか意外ですよね。
辛くても続ける方が筋肉がつきそうなイメージでしたが、休ませた方が早く筋肉がつけられるなんて!

 

腹筋は毎日やらない方がいい?毎日腹筋するデメリット

腹筋は毎日続けなければ意味がないと思っていませんか?

 

たとえば筋肉痛になるまで腹筋をし、それを毎日繰り返し行うと、筋肉が修復されず、繊維が傷ついたまま回復できないということになります。
毎日腹筋することには、こんなデメリットがあったのですね!

 

継続はとても大切ですが、筋肉を大きくするためにも筋肉痛になったら休ませ、修復されたらまたトレーニングをする方が効果的だということがわかりました。

 

効果的な腹筋方法

では、毎日腹筋を行うことにデメリットがあるとなると、どれぐらいのペースで腹筋を行うのが効果的なのでしょうか?

 

効果的な腹筋をするためのポイントは、「負荷をしっかりかけること」と「筋肉を休ませ超回復させること」です。

 

まず、負荷をしっかりかけるというのは、回数ではありません。
腹部の筋肉に効果的な正しい腹筋を行いましょう。

 

早く回数をやった方が効きそうですよね。
1回に数秒間の時間をかけて行ってみて下さい。
実は、勢いで10回腹筋するより時間をかけて3回行う方がきついのです。

 

これが負荷をしっかりかけるということです。

 

次に、筋肉を休ませ超回復ですが、しっかりトレーニングを行っているのであれば3日に一度行うペースがおすすめです。

 

実は、腹筋は負荷を与えるのが難しい部位なんだそうです。
だから、翌日筋肉痛になるほど負荷はかけられてないことが多いですが、それでも今日は頑張った!って思えた次の日は、筋肉痛がなくても休めた方がいいですね。

 

効果的な腹筋を行いたいのであれば、3日に一度のペースで継続させてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

中々へこまないぽっこりお腹の原因は何か?
中々へこまないぽっこりお腹の原因は何かご紹介します。
加圧トレーニングのメリットと注意点
加圧トレーニングのメリットと注意点をご紹介します。
【40代向け】すぐに始める事ができる運動不足解消法
40代向けのすぐに始める事ができる運動不足解消法は紹介致します。
休みの日に手軽に始められるスポーツ5選
休みの日に手軽に始められるスポーツはコレ!
猫背になってしまう原因とは一体?
猫背になってしまう原因とは一体何でしょうか?猫背になってしまう原因はコレです。