中々へこまないぽっこりお腹の原因は何か?

中々へこまないぽっこりお腹の原因

加齢に伴い出てくるお腹。

 

へこませたいけれど食事制限しようとしても会社の付き合いで飲み会や歓迎会に忘年会・・・・社会人になると中々ダイエットも難しくなりますよね。

 

世間では男性のぽっこりとしたお腹のことを『ビール腹』とも呼びますが、これはお酒が原因で太った人の事ではなく、単純に男性特有のメタボリックシンドロームの一つの名称となります。

 

そもそも何故お腹が出てしまうのか調べてみました。

 

ぽっこりお腹はいわゆる『内臓脂肪型肥満』

皆さんは皮下脂肪や内臓脂肪という言葉を知っていますでしょうか?

 

脂肪の付き方によって鍛え方や身体の絞り方も違ってくるのでまずは自分がどんな太り方なのかを理解する必要があります。

 

ここ数年でTVやCM等によりある程度の知識を知っている方も多いかと思われますが脂肪の種類についてまずはご説明しますね。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?

内臓脂肪は主に内臓周りにべったりとついてしまう脂肪の事を指し、一般的にリンゴ型肥満とも呼ばれています。

 

特に女性よりも男性につきやすく、更にお腹周りの脂肪は基本的に生活習慣などに反映されやすいみたいです。

 

しかし、内臓脂肪は皮下脂肪に比べて筋トレや食事制限などですぐに効果が現れる脂肪でもあるようです。

 

皮下脂肪は言葉のとおり皮膚の真下についている脂肪の事で洋ナシ型肥満とも呼ばれています。

 

食事などで消費しきれなかった摂取カロリーが長い年月をかけて蓄積されてついてしまう脂肪です。

 

短期間ですぐについてしまう内臓脂肪よりも落ちにくく、また筋トレなどをしてもすぐに効果が現れないのが特徴のようですね。

 

わかりやすく要点だけをまとめるとこの様な感じになります。

 

【内臓脂肪】
・一般的には『リンゴ型肥満』と呼ばれる
・内臓脂肪は男性につきやすい
・短期間でつきやすく、また短期間で落としやすい
・生活習慣に左右されやすい

 

【皮下脂肪】
・一般的には『洋ナシ型肥満』と呼ばれる
・皮下脂肪は女性につきやすい
・長い年月を掛けて消費しきれなかったカロリーが蓄積されたもの
・落とすためには長期間の努力が必要

 

男女でどちらのタイプの脂肪がつきやすいかには差がありますが、男性だから絶対に内臓脂肪!というわけでも無いので注意です。

 

お腹周りの脂肪の落とすために気をつけて欲しいポイント

ジムなどに通い筋トレをするにしても自宅で簡単に出来るエクササイズなどを試してみるにしても知ってほしい事は『多少の食事制限は必要』ということです。

 

摂取カロリーや全体量を大幅に減らすのでは無く、必要な栄養素を摂り不要な栄養素を摂らないように心掛けてみましょう。

 

それだけでも筋トレの効果が大幅に変わってきますし、今後の健康の為には必要な事でもあります。

 

主に積極的に取り入れてほしい栄養素は筋肉の素となるたんぱく質やミネラル、お米などの糖質やビタミンB群などが挙げられます。

 

逆に避けてほしいものはお菓子や甘いものなどに含まれる糖質となりますのでまずは食生活をほんの少しでも見直して見ましょう。

 

まずは腹筋を鍛える事が大事

やはりお腹の脂肪を落とすとなれば腹筋を鍛えるのが一番です。

 

しかし仕事後に中々筋トレなんてやってられないし時間も無い・・・という方も多いのではないのでしょうか。

 

そんな方にはスレンダマッチョプラスがおすすめです。

 

スレンダマッチョプラスはなんと着るだけで引き締めてくれる優れたシャツなのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

食事制限や栄養素については効果的に腹筋を鍛える為に必要な事でもありますし、今後の健康面に関しても少し気を付けて頂きたいポイントとなります。

 

しかし食事制限や腹筋を鍛えることは簡単ではないので、スレンダマッチョプラスを試してみることをおすすめします。

 

⇒スレンダーマッチョプラスの公式サイトはコチラ

関連ページ

加圧トレーニングのメリットと注意点
加圧トレーニングのメリットと注意点をご紹介します。
【40代向け】すぐに始める事ができる運動不足解消法
40代向けのすぐに始める事ができる運動不足解消法は紹介致します。
休みの日に手軽に始められるスポーツ5選
休みの日に手軽に始められるスポーツはコレ!
猫背になってしまう原因とは一体?
猫背になってしまう原因とは一体何でしょうか?猫背になってしまう原因はコレです。
腹筋は毎日するべき?効果的な腹筋とは?
腹筋は毎日するべき?効果的な腹筋をご紹介します。