猫背になってしまう原因とは一体?

猫背になってしまう原因は何でしょうか?

年代関係なく気になる猫背ですが、ここ年々猫背の方が増えてきているようです。

 

何故猫背になってしまうのか?原因を調べてみましたのでご参考くださいね。

 

猫背の原因は背中の筋力不足?

様々なサイトや記事などで、背中の筋力不足こそが猫背の原因とされていますが、実は筋力不足だけが猫背の原因ではありません。

 

普段の生活習慣や、背中の関節可動域の低下、それこそ筋力不足も入りますが様々な要因が組み合わさってなるのが猫背なのです。

 

よく言われているのがやはり背中の筋力低下により姿勢を保てなくなった為に起こる猫背ですが、これもあながち間違ってはいません。

 

しかし、背中の筋肉を鍛えれば猫背は治る!とされていますが猫背になってしまう原因は一つだけではない場合が多いので、ただ筋肉を鍛えるだけで猫背が治ると思ったらこれは大間違いなのです。

 

そもそも何故猫背になってしまうのか?

一番多い原因ですとやはり日頃の生活習慣がトップに入ります。

 

悪い姿勢でずっとTVを見ていたり、デスクワークに励んでいたり、またスマホやPCの見過ぎといった事も猫背になってしまう原因の一つに入ります。

 

椅子に座ってする作業では特に背中を丸めて前のめりになりやすい状態が常に続いてしまいます。

 

また、スマホを見る際の姿勢も大体の方は俯いてみることになってしまい、更にこの状態が長時間続くとやはり猫背の原因になってしまうのです。

 

他には就寝の際に高枕にしている方も、猫背の原因となりますので要注意です。

 

背中の関節可動域が低下する事によって起こる猫背

猫背といえば背骨が前に曲がってしまっていると想像できるとは思いますが、実は骨が曲がっているのではなく

 

背骨の隙間にある椎間板の機能が低下する事によって本来の可動域が確保できなくなっているが為に猫背になっていると考えられます。

 

椎間板ヘルニアなどよく聞く事が多いと思いますが、椎間板は背骨の間にある軟骨の事となります。

 

椎間板があるからこそ背中を伸ばしたり丸めたりできるのですが、椎間板自体は軟骨なので長時間のデスクワークなどで曲がったままの状態でいると

 

この椎間板が凝り固まってしまい動かなくなることによって猫背の原因となるのです。

 

運動不足も猫背の原因に!

目に見える筋肉(アウターマッスル)ではなく、身体の内側にある深層筋(インナーマッスル)と呼ばれる筋肉の部位があるのですが、インナーマッスルは姿勢の調整が関節野市を保つ役割をしています。

 

このインナーマッスルが低下することにより、外側にあるアウターマッスルとのバランスが保たれなくなり猫背を引き起こす事もあります。

 

特に現代では慢性的な運動不足や交通の利便により引き起こされる筋力低下などで更にバランスが取れなくなり、意識的に鍛えない限りは治すことができなくなっています。

 

意識して背筋を伸ばすだけでも背中の筋肉を多少鍛える事はできますし、一日数時間だけでもほんの少し意識してみてくださいね。

 

まとめ

猫背になってしまう原因は色々ありますが、一概にも絶対にこれ!というものではありません。

 

猫背の改善法や猫背矯正するベルトなども見られますが、第一に日常生活上での癖をまず見つけることが猫背改善の一番の近道です。

 

普段の何気ない生活の中で少しずつ猫背になっていってしまう為、気にした瞬間から意識して背筋を伸ばすだけでも多少の効果はありますので

 

是非普段の日常生活の中で共に猫背の事も意識してみてくださいね。

関連ページ

中々へこまないぽっこりお腹の原因は何か?
中々へこまないぽっこりお腹の原因は何かご紹介します。
加圧トレーニングのメリットと注意点
加圧トレーニングのメリットと注意点をご紹介します。
【40代向け】すぐに始める事ができる運動不足解消法
40代向けのすぐに始める事ができる運動不足解消法は紹介致します。
休みの日に手軽に始められるスポーツ5選
休みの日に手軽に始められるスポーツはコレ!
腹筋は毎日するべき?効果的な腹筋とは?
腹筋は毎日するべき?効果的な腹筋をご紹介します。